• TOP
  • >
  • ヒストリー

THE ROCKPORT HISTORY

アメリカ・ボストン発のレザーシューズブランド、ロックポート。その歴史は1971年に遡ります。ロックポートの創設者カッツ親子が「ビジネスシューズのアッパーにスニーカーのアウトソールをつけるとカッコ良くて履き心地の良いシューズができる!」と考えたことから、ロックポートの靴作りは始まりました。独自のテクノロジーの開発やスポーツテクノロジーを応用した革新的な靴作り。そして斬新なアイディアを提供し続けています。

  • ROCKPORT SINCE1971
  • 1971年 アメリカ・ボストンの北約25マイル、ケープアン半島の先端に位置し、3方向を大西洋で囲まれた街、ロックポート。1971年、ロックポートの歴史もこの街から始まりました。カッツ親子は自らの手によって、当時のレザーシューズにカジュアルシューズで使われていたビブラムソールを使うことで、スポーツテクノロジーを注ぎこんだ独自のシューズを生み出しました。そして、そのシューズを一台のバンに載せて売り始めたのです。
  • 1982年 ロックポートの初めてのウィメンズラインが登場。快適なカジュアルレザーシューズが誕生しました。
  • 1983年 クラシックなドレスシューズにアスレティックソールを融合させた、ロックポートの歴史的名作「ドレスポーツ」が誕生。以降、革新的な進化を遂げて新しい歴史を刻むことになります。
  • 1990年 当時、ロックポートの副社長をであったトニー・ポスト氏がニューヨーク シティ マラソンで「ドレスポーツ」を履いて見事に完走した。これは、このドレスポーツが衝撃吸収性とサポート性を提供することを実証させ、大きな話題となりました。
  • 1994年 ロックポートのボートシューズが、1994年のウィットブレッド世界一周ヨットレースのオフィシャルシューズサプライヤーに。以降、世界最大級のヨットレース、ボルボ オーシャンレースに参加。クリッパー世界一周ヨットレースなどで、先進の技術を駆使したロックポートのボートシューズを履いて選手が活躍しました。
  • 2004年 独自に開発された「Hydro-Shield? (ハイドロシールド)」テクノロジーによる防水構造を発表。雨でも気にならないビジネスレザーシューズが誕生しました。
  • 2005年 革靴なのに、「洗濯機でまるごと洗える」という画期的なシューズ、マシーンウォッシャブル シリーズを販売。
  • 2009年 歴史的名作「ドレスポーツ」が進化してリバイバル。新たに8人のランナーが、ドレスポーツを履いて再びニューヨークシティーマラソンに参加、全員が完走を果たしました。
  • 2013年 洗練されたデザイン性と最新のテクノロジーを駆使し、ロックポートの技術のすべてを注ぎ込んだ「トータルモーション」コレクションを発表。生体力学的な視点で設計されたアウトソールパターンが、自然なウォーキングモーションを提供し、TPUプレートの安定性、そして手袋のように柔らかいプレミアムレザーを使用し、足入れの良さと最高のフィット感を提供できるようになりました。より洗練されたデザイン性を追求するために、ウィメンズのデザインスタジオをイタリア、パドバに移転。シルエットも美しく、快適性を追求した靴作りを提供。
  • TODAY 洗練された都会的なデザインと快適性の融合。ビジネスシューズからカジュアルシューズまで美しさと履き心地を兼ね備えた現在のロックポートシューズへ発展しました。Powered by ROCKPORT昼も夜も、週末も。自分らしく、思いのままに。ロックポートは進化し続けていきます。