ロックポート オンラインショップへようこそ
menu

FEATURE

外回りでも疲れない!
軽量で歩きやすい
ビジネスシューズ特集

Feature

外回りのビジネスマンは1日で10,000歩以上、距離にして10キロ近く歩くこともあり、足にかなりの負担がかかっています。

負担を軽減する方法はいくつかがありますが、その1つがビジネスシューズ選びです。軽くて歩きやすいシューズを履くことで、負担が軽減され疲れにくくなります。

今回は、歩きやすいビジネスシューズの選び方とロックポートのおすすめ品を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

歩きやすいビジネスシューズの選び方

各社が疲れにくいビジネスシューズを開発しているため、市場にも「歩きやすいビジネスシューズ」がたくさん存在します。

ロックポートでは以下の5つのポイントが、ビジネスシューズの歩きやすさにつながると考えています。

それぞれのポイントについて分かりやすく解説します。

軽量であること

手に持っているわけではないので気付きにくいですが、実は一般的なビジネスシューズはとても重く、片足で500gを超えることもあります。

ちなみに一般的なスニーカーは片足約300gぐらいですが、ロックポートではこのスニーカーレベルのビジネスシューズを多数取り揃えています。

200gも重さが違うと、一日の足の疲れがかなり変わってきます。

お客様の中には「もう二度と重いビジネスシューズが履けなくなった」とおっしゃる人もいるので、シューズを選ぶときは重さをしっかりチェックしましょう。

天然皮革を使用していること

安いビジネスシューズの中には合成皮革を使用しているものもあります。

最近では合成皮革の技術が進歩しているため、一見すると天然皮革と同じように見えますが、履いてみるとやはり伸縮性や通気性が異なります。

特に、伸縮性がないと歩き方が不自然になってしまいビジネスシーンには不向きです。シューズを選ぶ際は使っている素材にも注意するようにしてください。

グリップ力が高いこと

外回りをするビジネスマンに重要なのがグリップ力です。

雨が降っていたり、足元が悪いというときはもちろんですが、普段アスファルトの上を歩くときでも、グリップ力のある靴とないものでは足の疲れが大きく変わってきます。

特に仕事から帰ってきた際、足の裏やアキレス腱のあたりが疲れるという人は、グリップ力の高い靴に履き替えることで疲れが軽減するでしょう。

クッション性の高いインソールであること

先ほどアウトソールにEVA素材を使用したシューズなら疲れにくいと述べましたが、ロックポートではこのEVA素材をインソールやアウトソールに採用したコレクションがあります。

EVA素材は屈曲性が高いだけではなく軽量でクッション性があるため、足元の疲労を軽減してくれます。

仕事から帰ってくるとかかとやつま先、足裏が痛い、という人にはEVA素材を使ったビジネスシューズがおすすめです。

ロックポートのEVA素材を使って人気モデルとして「ドレスポーツ ビジネス 2」があります。

ドレスポーツ ビジネス 2

独自の衝撃吸収機能である「truTECH」を採用し、かかとの接地時の衝撃を和らげながら屈曲性の高いアウトソールで蹴り出しまでをサポートしてくれます。

スリッポンタイプなので脱いだり履いたりするのが楽で、片足約300gという軽量さと、柔らかく足あたりの良いライニングで快適な着用感です。

他社の営業所に出入りをする方や教師の方など、よく歩き、よく靴を脱ぎ履きするという職業の方に人気のおすすめのコレクションです。

おすすめの軽量ビジネスシューズ一覧

先に紹介した他にもおすすめコレクションはたくさんあります。ロックポートの中でも歩きやすく、疲れにくいコレクションを厳選して紹介します。

SLAYTER(スレイター)

SLAYTER(スレイター)

2018年秋冬に新登場したコレクションです。ロングノーズ系のシャープな形が人気で、取引先の商談などでも安心して履いていけます。

重量はロックポートラインナップの中でもドレスポーツ2 ライトに次いで軽い片足280g。しかも歩くときの衝撃を軽減する「truTECH」を採用しています。

履き心地も大事だけど見た目も気になる人におすすめです。

商品を見る

TOTAL MOTION CLASSIC DRESS(トータルモーション クラシック ドレス)

TOTAL MOTION CLASSIC DRESS(トータルモーション クラシック ドレス)

「トータルモーション クラシック ドレス」もおすすめしたいコレクション。片足310gというスニーカーレベルの軽さながら、フォーマルシーンでもOKなシルエットが人気です。

クッション性や屈曲性に優れ、足の疲れを軽減するEVAアウトソールを採用したほか、歩行の安定性を高める「TPUプレート」を採用。

ブラックが定番ですが、ジャバグラスや、コニャック グラスも人気です。また、プレーントゥタイプは飾り気がないことから就職活動中の学生さんに人気のモデルとなっています。

商品を見る

CHARLEE(チャーリー)

CHARLEE(チャーリー)

スタイリッシュなラウンドトゥと現代的なラストを採用したCHARLEE(チャーリー)は、ビジネス/カジュアルどちらのシーンにもフィットする汎用性の高い新コレクションです。

独自の防水機能Hydro Shieldや、クッション性の高いEVAアウトソールなど機能性も充実。トレンドのベーシックスタイルにもおすすめのブラック、ココアブラウンから、春夏らしい鮮やかなカラーリングのスエードがラインナップ。

履くシーンや場所を選ばない2020年春夏の新商品です。

商品を見る

長時間歩く人は靴底(ソール)に着目しよう!

ここまで紹介してきたロックポートのビジネスシューズには、長時間歩いても疲れにくい様々な工夫や技術が使われていますが、中でもポイントとなるのが靴底(ソール)の部分です。

ソールは、

に大きく分けられ、どの部分にどんな素材が使われているかで歩いた時の疲労感が変わります。

そこで、ソールの種類別にどんな特徴があるかをまとめますので、歩きやすい靴を選ぶときの参考にしてください。

ラバーソール

ラバーソール

良い点

悪い点

特徴

ラバーソールは靴底に合成ゴムを使ったもので、広い意味では合成ゴムソールの一部になりますが、より厚めのラバーが使われていて、底面に様々な模様がついているもののことを指します。

レザーソールなどに比べるとどうしてもデザインが良くないので、フォーマルには向かない弱点がありますが、それを除けばビジネスシューズにおすすめのソールです。

屈曲性や衝撃吸収力、耐久性が高く、しかも路面の状態を選ばないため、歩きやすいビジネスシューズを探しているならこのソールを選ぶといいでしょう。

EVAソール

ちなみに、ラバーソールの中でもよりおすすめなのがEVA(エチレン・ビニル・アセテート)素材を使用したもの。これはEVAソールと呼ばれています。

EVA素材は元々スニーカーや運動靴などに使用されてきた素材で、軽量かつクッション性が高く、温度変化にも強いことが特徴です。

インソールやミッドソールに使用した場合には衝撃吸収材や屈曲性をサポートし、アウトソールに使えばグリップ力の強化や歩行安定性に役立ちます軽量性が向上します。

ソールに使用する素材としては最適なものでしたが、フォーマル感を損なうとして以前はあまり使用されていませんでした。

しかし、ロックポートではいち早くこのEVAソールをビジネスシューズに採用し、販売してきました。さらに独自の「truTECH」テクノロジーを開発し、より歩きやすくより疲れにくい履き心地を実現しました。

「truTECH」を採用したコレクションの中で人気があるのは「ドレスポーツ」です。

まるでスニーカーのような履き心地のロックポートのビジネスシューズは、多くのお客様から評価されているので、ぜひ一度試してみてください。

レザーソール

ラバーソール

良い点

悪い点

特徴

レザーソールは最も歴史が古く、昔から使われています。見た目も美しく、今もフォーマルシーンではやはりレザーソールが好まれる傾向にあります。

ただし、歩きやすさという点では他のソールより劣り、長時間の着用には向かないという特徴があります。

また、雨が降った時や悪路に弱く、一般的なビジネスシーンとは相性が悪いです。

大事な時用に持っておきたい1足ですが、仕事でよく歩くという人にはおすすめできません。

歩けるビジネスシューズで日々を快適に

今回は歩きやすいビジネスシューズの選び方とおすすめ商品についてまとめました。

選び方のポイントは以下の5つでした。

ロックポートでは5つのポイントを押さえた、軽くて歩きやすいビジネスシューズを多数取り揃えています。

ぜひロックポート 直営店へのご来店、オンラインショップのご利用をお待ちしています。